小枝さんのジオラマ

中西様が製作された小枝さんのジオラマの写真を頂きました。
見ているだけでにやけてしまいそうな想像力を掻き立てられる面白さ、
個性と愛情のあふれる作品です。

積もった雪に足あとがあったり小物も制作されていてとても
リアルかつ遊び心のある作品だと思います。
乱雑に散らばっているうどんスープの袋も味があっていいですね。
服を着たなついている犬も絶妙なバランスを醸し出しています。

中西様、素敵な作品を製作して頂いてありがとうございました。
以下中西様からのコメントです。

  昨年秋ごろ発表された、小枝さん。 はたしてどのように作ったものかと、悩ましくも楽しい
妄想をしばらく膨らませていましたが、このような形になりました。

 ショートボブにローレグのビキニスタイル。 そこにマフラーとニットキャップ…という、
可愛らしくも「暑いんか寒いんかどっちやねん!」と突っ込みたくなる出で立ちですが、購入
した時期が時期でしたので、寒い方へ振ってみようと考えました。

 いっとう最初は、雪が積もった庭先で暖をとりながらペットの犬と記念撮影…くらいに考えて
作り進めていましたが、制作途中にたまたま望月三起也先生原作「ワイルド7」のドラマを見て
しまったため、ニット帽にワイルド7の意匠を盛り込んでみるのはどうだろう?と思い立ち、
あれよあれよという間にこんなふうに仕上がりました…

 望月先生ならびにぴよぴよ堂のファンを一度に敵に回しかねない作品になりましたが、終始
楽しく作れましたし、よくわからないながらも楽しそうな雰囲気は作品に込めることが出来たの
では?と思います。

 重曹で雪を作ったり、樹脂粘土やレジンでうどん作ったりと、小道具周りに時間はかかりましたが、
モチベーションをそのくらい突き動かす魅力が小枝さんに込められているのだろうと思います。

つぐみ先輩ともども、今後どのような活躍を見せてくれるのか、楽しみでなりません^^



 



















































戻る