さばげぶっ! 経堂麻耶

Longshot様が製作された経堂麻耶の写真を頂きました。
いつもながらクオリティーと個性、アイディアに圧倒されます。
こんなに素敵に製作して頂いていつも真っ先に的になってしまう
さばげ部最弱の麻耶も報われます(笑)
迷彩のビキニがさばげ部であることと、麻耶にとてもマッチしてたまりません。
Longshot様、お買い上げ製作して頂いてありがとうございます。
トレフェス有明12で差し入れして頂いてありがとうございました。
以下がLongshot様の製作コメントです。

初出だった2014年12月のTF有明12にて、原作やキャラ設定等の予備知識一切無し、
会場で見本に一目惚れして購入したもの。(まぁ、当方ではよくある買い方です)

キットの方はと言いますと、設定通りスタイル抜群のけしからんクオリティ(笑)となっておりました。
長身との設定も忠実に再現しているせいか?1/8スケールですが大きさも結構なものでして、
果たしてこの価格設定でディーラーさんは本当に大丈夫なのか心配です・・・。

洗浄したら、早速頭部から組み立て開始。

髪の毛は前髪が2パーツ重ねる構造なので、先に接着して継ぎ目消し。
前髪と後頭部の継ぎ目は特に消さなくても違和感無さそうだったので、今回はそのままです。

胴体は背中からお尻に降りてくる部分をちょっと削って修正。
以前作ったつぐみ先輩3と同じ方法です
頭部を先に接着した故ドックタグが入らなくなったので、ディテールアップを兼ねて作り直しました。

ブラの肩紐及び胸元の部分が別パーツ化されていますが、
パーツは使わず0.8mm銅線を叩いて平たくした物で置換。
立派なモノをお持ちなんで、今回はもう一丁、背中に回り込む部分も別パーツ化しました。
水着ではもう一つ、結び目のパーツも0.2mm厚真鍮帯板で置き換えてます。

両腕は分割面にモールド又はシュシュのパーツが入っているので継ぎ目消しが要りません。
先に接着して継ぎ目消しすると塗装も組み立ても困難になりそうなので、両腕はそのまま組み立て。

両脚は水着なのにハイソックス&革靴と言う謎構成ですが(笑)、
両腕同様何もいじる必要がないのでそのままです。

カモ君は身長5cm位なのに贅沢な5パーツ構成、しかも胴体パーツが無垢なので重量感も抜群です。(笑)
眼と両腕のモールドが一部浅かったので修正した以外はそのまま。

今回、意外に頭を悩ませたのが塗装。
アニメではシンプルな白一色と、黄色ベースにプリント柄の2種類が出てくるのですが、
両方とも先に塗られちゃったので方針変更。
設定とかまるっと無視して、水着は白の上からエナメルで冬季迷彩風のパターンを手描き。
ハイソックスは何も思いつかなかったので当たり障りの無い白にパールコート、
左腕のシュシュはワンポイントとして赤く塗りましたがちょっと派手だったかな・・・。

意外と言えば髪の毛もそうでして、資料によっては思いっきり緑色に振ってあったり
グレーだったりとどっちが正解か迷ったので、無難な所でグレー側にしました。






























戻る